話題のairbnbは代行業者に依頼することが可能

  1. ホーム
  2. リロケーションについて

リロケーションについて

マネー

長期にわたって家や部屋を空けるのなら、リロケーションを活用するといいでしょう。近年ではリロケーションを活用する一般人も増えていて、日本でも認知度が高いサービスになってきました。リロケーションが最近になって、話題になっているのには理由があります。以前では、普通借家契約において、きちんとした理由が無ければ貸主から入居者に退去を求めることができませんでした。しかし、西暦2000年の三月から定期借家契約が施行されて、貸主が期間を決めて物件を貸し出すことができるようになりました。それによって、期間を限定して貸し出したいと思うオーナーが増えて、リロケーションが注目されるようになりました。今では、一般人なオーナーも多いほどです。
リロケーションを活用する時に、自分で期間を決めることができるのは魅力的ですが、契約するときはあまり短く期間で契約をしないようにしましょう。期間が短いということは、それだけ入居者にとって負担が大きいものです。負担が大き過ぎると借りてくれる入居者もいないので、リロケーションするときは、期間としては最低でも、半年から一年間がいいでしょう。また、もしも、出張や転勤が長引いたときは、短期間の借家契約でも法的には変更することができます。ですから、入居者の人と相談して決めるといいでしょう。しかし、長期間、家を貸すときは入居者の生活環境や物の取り扱いについて、注意する必要があります。戻ったときに快適に暮らすことができるように、信頼できる入居者を見つけましょう。