話題のairbnbは代行業者に依頼することが可能

  1. ホーム
  2. 間取りによる性質の違い

間取りによる性質の違い

集合住宅

経営のしやすさに直結

賃貸マンション経営を行うときにはどのような間取りのマンションを購入して経営するのかを考えることが大切です。ワンルームや1Kといった主に単身者向けの部屋のマンションが収益物件としては数が多いでしょう。一方でファミリー向けの3LDK、4LDKといった部屋を取り揃えているマンションもあり、二人暮らしに向けた中間程度のものも散見されます。マンション経営のしやすさに直結する要素なので間取りの考慮は初期に検討しておくと良い点でしょう。マンション経営では入居者が多いことが重要になりますが、もう一つ重要なのが管理のしやすさです。入居者間で起こるトラブルに対して対処しなければならないため、トラブルの発生リスクが少ないマンションほど経営はしやすくなります。間取りや家賃の相場によって入居する人の性質が異なるため、発生するトラブルの種類にも違いがあるでしょう。単身者の場合には周囲をあまり気にかけない人による騒音トラブルが比較的よく起こりますが、ファミリー向けの場合には赤ちゃんの夜泣きや子供のドタバタが騒音の原因として多くなります。対処のしやすさを考えて選ぶというのは重要な考え方であり、想定した状況で自分がトラブル対応できるかを考えて選びましょう。一方、ファミリー層の方が一般的には滞納トラブルも少ない傾向があります。マンション経営では滞納対策は重要な要素であり、その心配を持ちたくないという場合にはファミリー向けの間取りを選んでおくと良いでしょう。