話題のairbnbは代行業者に依頼することが可能

投資で民泊をする

男性

業者を利用するという選択

民泊の基本的な仕組みとしては、部屋を貸したいオーナーがairbnbなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に登録を行い、それを見たゲストが利用したいことを通知し、交渉をして双方が合意した上で行うというものです。民泊を扱う大手サイトとしてはairbnbがもっともボリュームがありますが、それ以外のSNSも登場しており、多くのサイトに登録することでも集客をすることが可能です。一方で民泊を行うためにはゲストに対してオーナーは最低限、清潔なベッドを提供することが求められます。これらを個人でも行うことが可能ですがairbnbを利用しても毎日利用者がいるわけでもないですし、反対に何らかの理由で連日の利用者が現れる場合があるなど、変則的なものといえます。暇な時間を使ってゲストを招くタイプであるならば、対応が可能ですが投資として行うのであれば、代行業者を利用した方がベストです。代行業者に依頼するメリットとしてはairbnbなどのSNSへの登録を行ってくれるほか、応対も行ってくれます。また貸し出す部屋を民泊用に改造する手配も行ってくれますし、消耗品の用意や清掃なども代行してくれるので、オーナーの手間がほとんど掛からないのがメリットです。一方で代行業者への報酬は利用者が発生したさいの売上から20%を徴収するといった歩合制となっているので、利用者がいなくても無駄な経費が発生しないメリットがあります。

集合住宅

間取りによる性質の違い

賃貸マンションの部屋の間取りによって入居者の性質が変わり、マンション経営のしやすさに影響があります。入居者の多さも大切ですが、入居者間のトラブル対応のしやすさや滞納対策を考えて選ぶのも重要な考え方です。

つみき

家賃の滞納をカバー

家賃債務保証会社は入居者から保証委託料を受け取っておき、滞納があった場合にはその中から家賃を家主に支払います。また以後滞納を繰り返さないように収入を考慮して返済計画の相談にのります。家賃債務保証会社と契約しておけば滞納の心配がなくなり連帯保証人がいない人にも部屋を貸せるようになります。

マネー

リロケーションについて

リロケーションは以前では、あまり知られていないものでした。しかし、定期借家契約が施工されてから、短い期間での物件の貸し出しができるためにリロケーションを活用する人が増えて話題になっています。